たんぱく質を充分に摂る

脂肪を燃やす食べ方によって最も重要であるのがたんぱく質になっています。たんぱく質のカロリーは1gあたり4kcalでこれは炭水化物と同じです。しかしたんぱく質が筋肉や骨や皮膚など身体を作る栄養素となりますが、糖質は身体を動かすためのエネルギーにしかなりません。

そして使い切れなくなってしまった糖質のエネルギーは脂肪になりますので、糖質を必要以上にとると太ってしまうことになります。
さらに人が生きるためのエネルギー消費活動である基礎代謝のうち、筋肉の活動はその2割ほどとなっています。

1日に摂るべきたんぱく質の量は国が推奨する食事バランスガイドではたんぱく質13~20%、脂質20~30%、糖質50~65%となっています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る